この宝石の希少価値は?宝石の種類アレコレ

ダイアモンドの価値は何か

ダイアモンドは世界4大宝石のひとつです。そしてダイアモンドにだけは特別な評価基準というものが設けられています。
それは「カラット」「カラー」「クラリティ」「カット」の頭文字をとって呼ばれています。全てのダイアモンドはこの4Cの総合的な評価によって最終的な価値が決まります。4Cのグレードが上がるにつれて希少性が増すといえます。
カラットは、ダイアモンドの質量を示すもので、1カラットは0.2gになります。当然、このカラット数が増す事によって希少性が高くなり、価格も上がります。カラーはダイアモンドにおいては無色透明のものが価値が高いとされています。
クラリティな内包物の程度などを示す評価です。カットはダイアモンドの全体の形や研磨の仕上がりの良し悪しです。

カラーストーンの評価

一般的に、買取として取り引きのされているカラーストーンは「ルビー」「エメラルド」「サファイア」となっています。ルビーは、赤みの強いものが価値が高いとされ、最上級のものは「ピジョンブラッド」と言われます。その他輝き・内包物の有無などが評価されます。
サファイアは、通常ブルー系のものが多いですが、その他にもピンクやイエローなどの豊富なバリエーションが存在する宝石です。ルビーと同じように色味や内包物の程度、輝きなどを総合的に評価します。
エメラルドは、「ベリル」に属する石で、色の違いによって違う宝石に分類されます。したがって、エメラルドグリーンの色の宝石だけを名乗ることができ、淡いブルーの色のものは「アクアマリン」といわれます。